マーケティングオートメーション

こんにちは。コンサルタントチームの舟木です。今回はBtoB企業向けのマーケティングオートメーションツールを導入している企業の導入事例をご用意しました。マーケティングオートメーションツールと言ってもさまざまなツールがあり、どのツールが最適かを選定することは簡単ではありません。

導入事例をご参考にしていただき、自社に合ったマーケティングオートメーションツールを選定できるよう、お役に立ていただければと思います。

BtoB企業向けマーケティングオートメーションとは

まずはマーケティングオートメーションについておさらいしたい方は、こちらの記事をご覧ください。この記事ではマーケティングオートメーションを導入して、「何を自動化するのか」など、世の中のマーケターが持つ疑問について解説され、また自社のマーケティング状況に合わせたマーケティングオートメーションの導入イメージが解説されています。

記事はこちら
マーケティングオートメーションとは|BtoB企業が具体的な活用イメージを持つためのヒント

※マーケティングオートメーション以下MAと記載

導入ツール:マルケト(株式会社ビズリーチ)

株式会社ビズリーチは、人材を求める企業に対する事業へMAツールのMarketoを導入しました。これまでリードの獲得において、展示会やセミナーなどチャネルを多様化させ、リードの獲得が出来てきたものの獲得リードへの対応に課題を感じていました。また、コンテンツ面の強化をする必要があるということで、Marketoを導入しました。社内では、リードナーチャリングの体制を整え、HTMLメールの特徴を活かし、PDCAを回しながらEメールマーケティングに力を入れているそうです。また、リードスコアリング機能を使うことで、営業への通知を自動で出すことで、リードへのアプローチの機会損失を心配することがなくなりました。

記事はこちら
「BtoB事業の勝ちパターンを掴み、地方創生への貢献強化を」ビズリーチが語る、マルケト導入の狙い

導入ツール:HubSpot(ニフティ株式会社)

ニフティ株式会社はスマホアプリ開発者を支援するサービスを行っていたが、会員数の伸びを課題としていました。 Web施策への注力の必要性と、導入前から使用しているSFAやメール配信、CMSといった複数ツールを一元管理できるという2点を踏まえHubSpotを導入しました。HubSpotを使って、Webサイトへの流入経路を調査し、リード一人ひとりのWeb上の行動履歴から、会員登録するまでどのようなサイトを訪れているのかを分析しました。分析結果を活かして、コンテンツの配信を継続的に続けました。潜在顧客の強力なキーワードを知り、より潜在顧客と接点を持てるようになり、最終的に会員数の増加に成功しました。

記事はこちら
HubSpotの導入により、見込み顧客の課題や興味関心に寄り添ったセールス&マーケティング体制を確立

導入ツール:Pardot(サイバーエリアリサーチ株式会社)

マーケティング支援サービスを提供しているサイバーエリアリサーチ株式会社は、MA導入以前、営業担当者4人で本社の静岡から東京へ出向いて、新規顧客の開拓と代理店のフォローを行っていました。このような状況の中、Webを活用した営業活動で成約までオンラインで完結させたいと考えていました。MAツールであるSalesforce Pardotを導入し、「人」を軸にコンテンツ配信や、営業アプローチを続けているようです。Pardotで蓄積したデータは、Sales Cloudと連携させセグメントされたメール配信を行うなどして、作業の効率化につながっているそうです。コンテンツ配信も強化し、個々のリードに合わせてコンテンツの出し分けを行い、コンバージョン率の増加に結びつきました。

記事はこちら
静岡から効果的な営業活動を、サイバーエリアリサーチがPardotで進めるBtoBマーケティング効率化

 

いかがでしょうか。今回はマルケト、HubSpot、Salesforce Pardot3つのマーケティングオートメーションの導入事例をご紹介しました。また、HubSpotにご興味のある方に、HubSpotの具体的な機能について紹介したEブックをご用意しています。あわせてご覧ください。

弊社24-7は米HubSpot社のプラチナパートナーとしてインバウンドマーケティングやHubSpotの導入支援を行っておりますので、ご相談のある方はお気軽にご連絡いただければと思います。

 インバウンドマーケティング ソフトウェア「HubSpot」ガイドブック