beginners guide step2

インバウンドマーケティング初心者ガイド1」では、バイヤーペルソナを作成する必要性について学びました。

自社の製品のターゲットとなる人たちの性別、年齢、居住地域、所得、職業といったデモグラフィックを分析することは、マーケティング戦略を立てる切り口の一つです。バイヤーペルソナにもデモグラフィック要素が含まれています。ペルソナを作成したら、次に彼らの興味を引くコンテンツを作成する方法を考えましょう。彼らを魅了して注目を集めるためには、どういうコンテンツを発信したらよいのでしょうか。コンテンツ作成の3つのステップを紹介します。

1.LinkedIn を活用する

ビジネスSNSのLinkedIn(リンクトイン)のアカウントは持っていますか? 無料のアカウントでも、地域や業種を特定して検索することができます。

Linked-inで検索

LinkedInであなたのバイヤーペルソナに似ている人を検索してみましょう。あなたのビジネスが評価されている地域で、製品やサービスに興味を持っていそうな人たちと関わりを持ちましょう。LinkedInで見つけた人が所属する企業ページをフォローすると、あなたの企業ページもフォローしてくれるかもしれません。会社のプロフィールページを今すぐ更新して、自分たちがどういうビジネスを展開しているかを伝えましょう。クライアントに協力してもらい、ビジネスが成功していることを証明してもらえるとベストです。

彼らが将来の顧客となる可能性は大いにあります。彼らの企業ページに投稿された内容を見たり、登録しているグループに参加して、どんなやり取りが交わされているか、またどんな言葉が投稿されているかをチェックしましょう。同じグループに所属しているユーザーとの交流から、トレンドとなっているキーワードを知ることができます。キーワードをリストにまとめて、Google Trendのようなツールで作成したリストと比較してみましょう。

2.価値のあるキーワードを見つける

会社のことや製品・サービスについて、メッセージを明確・簡潔・魅力的に伝えるために、どのくらい言葉に精通していなければならないでしょうか。マーケティング・ペルソナに自社のことを的確に伝えるためには、製品やサービスについてのキーワードを見つけることが一番の方法です。これが、LinkedInでマーケティング・ペルソナに似ている人のプロフィールページを閲覧したり、彼らが使っている言葉をチェックする理由です。LinkedInで見つけたキーワードとGoogle Trendで抽出したキーワードから最も話題となっている言葉に行きあたるでしょう。

3.キーワードをつなぎ合わせてテーマを作成する

LinkedInとGoogle Trendを駆使して、将来の顧客(見込客)がよく使うキーワードのリストを作成しましょう。キーワードをつなぎ合わせることで、顧客のことをより深く理解することができます。ブログ記事のテーマを作成するための出発点となるでしょう。

次の段階に進むまでに用意しておくもの:

  • バイヤーペルソナ
  • キーワードリスト
  • ブログ記事のテーマ

コンテンツマーケティングを実行するために必要であり、見込客へのメッセージを考えるときに役立ちます。

業界の専門家として、次に何がトレンドとなるかを知っておく必要があります。LinkedInとGoolgle Trendでの作業を継続することで、これから起こることを予測できるようになるでしょう。数日後または数週間後に、リストにしたキーワードが検索されるときがきます。このキーワードを使ってコンテンツを作成しましょう。

インバウンドマーケティング 初心者ガイド


インバウンドマーケティング