hubspot-crm-all
HubSpot
といえば、「インバウンドマーケティングのためのツール」「コンテンツマーケティングなど集客に強いツール」「マーケティングオートメーション(MA)のツール」と認識されている方が多いのではないでしょうか。
そのため、
  • セールス担当者(特に中小企業の方)には無縁?
  • マーケティング担当者にとっては敷居が高い?
  • なんだか難しそうで、自社にはまだ早い?
……という印象を持たれがちです。

しかし、実はHubSpotには、インバウンドマーケティング・MAツールとしての側面だけではなく、多くの方にお役立ていただける顧客管理機能(CRM機能)があるんです。しかも、このCRM機能はずっと無料で使えます。本記事では、そのHubSpot CRMで、日々の作業をより効率的に実践する方法をお伝えします。

目次

完全無料のHubSpot CRMでできること

HubSpot CRMは、マーケティング担当者とセールス担当者が連携して動くためにとても便利なツールです。獲得したリードや顧客情報を効率的に管理し、追跡や対応ができる、さらに顧客とのコミュニケーションを一元管理できる機能も充実していてその上無期限無料とくれば、使わない手はないですよね。では、さっそく実際のセールス・マーケティング・カスタマーサービスのフローに合わせて機能ごとに使ってみましょう。
[HubSpot CRMの機能]
■顧客情報を収集する
  • フォーム
  • リードフロー
  • ウェブチャット&チャットボット
■コンタクトを管理する
  • リード管理
  • 企業インサイト
  • アクティビティフィード
■コンタクトとのコミュニケーション
  • GmailやOutlookとの連携
  • eメールトラッキング
  • eメールテンプレート&ドキュメント
  • スニペット
■チームで顧客をサポートする
  • コミュニケーションの受信トレイ
  • カスタマーサポートのチケット作成
■SNSに広告を出稿する
  • リード獲得広告
■見込みの高い取引を見逃さない
  • パイプライン管理
  • ダッシュボード

顧客情報を収集する

「フォーム」

マーケティング担当とセールス担当、それぞれが求める質問を作成し、Webサイトに訪問した顧客情報を収集するために必須となるのが、フォームです。HubSpot CRMのフォームは、回答してほしい質問をドラッグ&ドロップで配置するだけで簡単に作成できるので、プログラミングやHTMLのスキルは不要。マーケティング担当者だけではなくセールス担当の方でもすぐに使いこなせます。作成したフォームは、モバイル向けにも自動的に最適化されます。 フォームから送信された顧客情報はすぐにCRMへ自動登録されます。
form※HubSpotで作成したフォームのサンプル

「リードフロー」

リードフローは、Webサイトの任意のページに表示設定ができるフォーム機能のひとつ。3ステップ(コールアウト→フォーム→サンキューメッセージ)で顧客の情報を収集できます。また、表示タイプもページの上部・下部・中央と選択ができ、Webサイトに合わせてカスタマイズが可能です。

lead_flow

「ウェブチャット」「チャットボット」

Webチャットは、サイトにポップアップ表示され、Webサイトの訪問者とリアルタイムでやりとりができる機能です。Webサイトへ訪問しても知りたい情報を得るために検索しなくてはならない、また問い合わせフォームへの入力などに手間がかかれば、目的の情報にたどり着くことができないというストレスからくるページの離脱が起こりえます。そこで、Webサイトのトップページに担当者とすぐにやりとりができるポップアップのチャットがあれば、見込み顧客のストレスを軽減し、効率的に顧客情報を収集することができるでしょう。HubSpotライブチャットツールはテクニカルなスキルがなくても簡単に作成できます。

また、チャットボットは、ポップアップ表示された質問事項(氏名、会社名、会社規模等)に訪問者が答えて進むことで、有望なリードを見極めて担当者に振り分けることができます。これにより、多数届く迷惑メッセージや営業メッセージなどを回避し、対応すべきリードに適切な担当者を配置できます。

コンタクトを管理する

「リード管理」「企業インサイト」

営業活動をする上で重要な顧客情報(コンタクト)の管理。HubSpot CRMでは、コンタクト画面上で、メールの送信、電話、タスク管理、ミーティング等のスケジューリングまで行うことができ、セールス活動の履歴も自動的に記録されます。
企業や顧客(コンタクト)の情報は期間制限なく100万件まで管理可能です。また、登録件数2,000万社を超えるハブスポットのデータベースを利用した「企業インサイト機能」では売上高、業種、コンタクトの詳細情報を自動で取得できます。さらに、お持ちの名刺データに関しては、外部名刺管理ツール等との連携も可能です。

「アクティビティフィード」

顧客(コンタクト)がコンテンツをいつ操作したのかが一目でわかるのがアクティビティフィードです。eメールの開封やドキュメントの閲覧、ミーティングの予約などがすべて表示されるので、フィードから直接、eメールを送信したり、電話、タスク作成をして、コンタクトとの連絡を密に行うことができます。

コンタクトとのコミュニケーション

「GmailやOutlookとの連携」「Eメールトラッキング」「Eメールテンプレート&ドキュメント」

コンタクト情報の画面から移動せずに、そのままコンタクトとのコミュニケーションが行えます。例えば次のようなアクションは、すべてコンタクト情報画面から実行可能です。
  • 電話の発信と記録
  • メモの作成
  • セールス活動の記録
  • タスクの割り当て
  • ミーティングのスケジュール設定
  • 新しい取引の追加
また、eメールは使い慣れたGmailやOutlookとの連携が可能で、リードがeメールを開封したり、リンクをクリック、添付ファイルをダウンロードなどをすると通知が届くように設定することが可能です。さらに「テンプレート」の作成が可能(件数制限あり)で、eメール送信にかかる時間と労力を削減しながら、チームで一定の品質を保ったコミュニケーションを実現することが可能です。

「スニペット」は、コンタクトの連絡先・企業情報・取引記録やe メール、チケットの記録に使用できる500文字までのテキストのかたまりで、CRMでは5件まで登録可能です。パーソナライズトークンの使用もでき、顧客とのやりとりをスムーズに進捗させることができます。

チームで顧客をサポートする

「コミュニケーションの受信トレイ」

コミュニケーションの受信トレイでは、Webチャットに届いた顧客からの問い合わせの管理と対応ができます。例えば、チーム共通のeメールを接続したり、ビジネス向けコミュニケーションチャットツールの「Slack」と接続すれば、ライブチャットに届いた問い合わせにeメールやSlack、Facebookメッセンジャーから返信することができます。

「カスタマーサポートのチケット作成」

顧客からの問い合わせをチームで一括管理できる「チケット機能」を利用可能です。チケット機能は、顧客からの問い合わせをその内容ごとに優先順位をつけて整理し、適切な担当者に割り当て、もれなく適切に処理することを支援する機能です。 チケット発行は、チケットのダッシュボード、コミュニケーションのInbox、コンタクト、など様々な方法で即座に発行可能です。

SNSに広告を出稿する

「リード獲得広告」

FacebookとInstagramに※リード獲得広告を表示し、リーチ拡大と新規コンタクト獲得を目指します。また、すでに広告を利用されている場合は、アカウント接続すると過去90日間に獲得したリードが自動でHubSpotに同期されます。
※FacebookやInstagram上で直接フォーム入力を促す広告。プロフィール登録されている情報が自動でフォームに送信されるため、CRMへの登録完了までスムーズに行うことができる。

見込みの高い取引を見逃さない

「パイプライン管理」
deal

※パイプラインのデモ画像

パイプライン管理機能を使うことで、取引のステータスを、セールスプロセスごとに可視化することができます。

パイプラインの登録はとても簡単です。コンタクト情報から新しい取引を作成し、セールスプロセスに合わせてカスタマイズができます。また、取引が進展したら、トラッグ&ドロップでステージを移行すれば、重要な取引を見落とすことなくセールス活動に集中することができます。さらにセールスダッシュボードも使えます。

「ダッシュボード管理」

ダッシュボードは、「セールスダッシュボード」「マーケティングダッシュボード」「サービスダッシュボード」と、各機能ごとに表示され、チーム全体の実績や担当者別の実績や主要なセールス活動の月ごとの状況、パイプライン全体の取引額も一目で確認することができるため、日々の継続的改善に活かすことができます。毎日HubSpotへログインすることが難しくてもご安心ください。ダッシュボードの内容はeメールでの送信も可能です。

おわりに

HubSpot CRMはコンタクト情報の管理だけでなく、ビジネスの基盤づくりに必要な初回の問い合わせ対応から、顧客との関係強化までこれだけ多くの機能を幅広く使えるツールです。無料トライアル版ではないので、長く使えるCRMであることから、導入ハードルが少し下がったのではないでしょうか。CRMによる課題解決を図りたい方、ぜひ一度「HubSpot CRM」を導入してみてください。

完全無料のHubSpot CRMお申し込み

sasaki_plofile執筆:エミリー
インサイドセールス担当|HubSpotの導入から運用、また便利な活用法など幅広くサポートしています。日々進化するWebマーケティングについても勉強中。好きなフルーツはふらのメロン。