CSS Nite in Sapporo Googleの変化から理解するSEO

2013年4月21日に札幌パークホテルで行われたCSS Nite in SAPPOROとしては初のSEOがテーマのイベント『 CSS Nite in SAPPORO, Vol.9「いま必要なSEO」』に参加してきました。各セッションのレポートを可能な限り、お届けしたいと思います。

お一人目は伊藤公助さんによる「Googleの変化から理解するSEOのトレンド」です。伊藤公助さんはフリーランスSEOディレクターとして活躍され、SEOブログ「SEO Imagination!」を運営されています。(TwitterGoogle+)

伊藤さん自身もイベントレポートを書かれております。
【セミナーレポート】CSS Nite in SAPPORO, Vol.9「いま必要なSEO」前編 #cssnite_sapporo9 | SEO Imagination!ブログ
【【セミナーレポート】CSS Nite in SAPPORO, Vol.9「いま必要なSEO」後編 #cssnite_sapporo9 | SEO Imagination!ブログ

伊藤さんは「Googleの変化から理解するSEOのトレンド」として、Googleのこれまでのスパム対応の変化と、これからのSEOについてのお話でした。時系列かつ、体系的に語っていただいた大変わかりやすい内容でした。私がメモを取ったところが中心となりますが、以下よりレポートさせていただきます。

目次

ウラ技的なSEOの解説

まずは話題としてよくあがるSEOのウラ技についての解説がありました。

「ウラ技的なSEOとは何なのか?」
これは検索エンジンの仕組みの裏をかいて、特定のキーワードで上位表示を狙うような方法のことを言います。業界ではブラックハットSEO、ブラックな手法というように呼ばれます。

代表的なものとしては、

  • リンクプログラム
  • コンテンツファーム
  • 隠しテキスト
  • 隠しリンク

という手法があります。それぞれの手法を説明していきます。

リンクプログラムというのは、検索エンジンを欺いて、順位を上げるためだけに存在するサイトのことを指しています。リンクプログラムの種類についての詳しい解説がありました。

リンク売買

リンクプログラムの最も代表的なものとしては、リンク売買があげられます。

リンクは通常、「参考になった」、または、「とても興味をもった」ということでリンクをします。しかし、リンク売買はそのような「参考になったから」というリンクではなく、お金を払ってリンクを買う手法のことです。

リンク売買は多くのSEO会社で現在も使われている手法となります。

過剰な相互リンク

自分のサイトの順位をあげるために、または、PageRankの操作目的で、関係のないサイトに「相互リンクしませんか?」とお願いをして、相互リンクを過剰に行う行為のことをいいます。

過剰なものになると、相互リンクのためだけにディレクトリを作り、相互リンク集というのを運営したりということも行われています。今も活発に行われている手法です。

ワードサラダ

SEO会社がよく生成するサイトの代表的な例としては、ワードサラダというものがあります。ワードサラダは人間が読んでも意味がわからないテキストのことを言います。ワードサラダという人間が読んでも意味不明なテキストの羅列群からのリンクをします。ワードサラダはプログラムが書ければ比較的容易に量産が可能で、リンク資源としてよく使われています。

コンテンツファーム

プログラムによって自動的に生成されたページを量産して、サイトの中に埋め込むことをコンテンツファームといいます。

サイト内のキーワード比率をあげたり、そのキーワードに関連するページを多く作り、検索結果に露出させ、トラフィックを稼いだり、検索エンジンの評価を狙う手法です。

代表的な例をいくつか紹介いただきました。

外国のサイト

外国のサイトをGoogle翻訳などの機械翻訳サイトで翻訳して、そのまま掲載しているサイトです。関連している言葉を入れ、検索エンジンの評価をあげる狙いです。

コピーコンテンツ

別のサイトの内容をコピーしてそのまま掲載することを言います。コピーコンテンツについては、SEOというよりも、著作権法に抵触します。

キーワードスタッフィング

サイト内に特定のキーワードを詰め込み、順位を上げたいキーワードのキーワード比率をあげることを言います。例えばフッターにキーワードをたくさん入れ込んだりする手法です。

クローキング・不正なリダイレクト

Googleのクローラーに対して、別のサイトにリダイレクトさせます。ユーザーには別の内容を見せる手法です。

隠しテキスト

隠しテキストを行うには様々な方法がありますが、画像を設置して、スタイルシートでtext-indent:でマイナスの値を設定して、画面外で大量のテキストを記述する手法です。

隠しリンク

隠しリンクも様々な方法がありますが、例えば、1pxの画像を作って、ユーザーに見えないようにリンクを埋め込む手法です。

ウラ技SEOを行った結果どうなるのか

たくさんのウラ技を知ると、行なってしまいたくなるのが人間心理だと思います。SEOのウラ技を行うとどうなるのでしょうか。

これらの手法はGoogleのガイドラインに載っていますので、知らずに行なっていても、ペナルティを受けてしまうことになります。十分、気をつけていただきたい。

紹介したウラ技的なSEO、ブラックハットSEOはSEOと呼ばない。検索エンジンスパムです。

検索エンジンスパムへのGoogleの取り組み

ここからは最近のGoogleのスパム対抗の歴史です。

2012年、Googleは本気を出して、スパム撲滅に取り組みました。

  • リンクプログラム
  • コンテンツファーム
  • その他のスパム

これらの行為に対して、徹底的に制裁を与えるようになりました。Googleはアルゴリズムにスパムを撲滅するアルゴリズムを組み込むようになります。パンダアップデート、ペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムです。

パンダ、ペンギンのアルゴリズムで補足できないスパムに関して、Googleは別の対応を取ることになります。ウェブマスターツールでサイト管理者に連絡をしていくという手動での対応です。Googleはサイト管理者が見ているウェブマスターツールへ、手動による大量の警告メッセージの送付を行うことを始めました。以前よりGoogleは手動でウェブマスターツールからの警告メッセージの送付を行なっていましたが、ペンギンアップデート以降、格段と多くなりました。

パンダアップデート・パンダアルゴリズム

SEOが専門ではない方も耳にしたことのある「パンダアップデート」。パンダアップデートとはなんでしょうか。時系列の解説と、影響を与えるサイトまで詳しく解説いただいています。

パンダアップデートとは

パンダアップデートはコンテンツファームに対する評価を著しく下げるアルゴリズムとなっています。

  • 2011年2月24日 アメリカで導入開始
  • 2012年7月18日 日本でも導入開始

アメリカで導入された際には、検索結果の11.8%に影響を与えたとされ、上位に表示されているサイトが大きく変わるぐらい影響のあるアップデートでした。

特徴としては、特定のキーワードの順位ではなく、サイト全体に影響を与えるアップデートとなっています。パンダアップデートに捕まったサイトは検索結果の9割から9.5割の検索トラフィックを失う、というぐらいサイト全体に甚大な影響を与えたアップデートと言われます。

2013年3月まで、約一ヶ月に1回のアップデートが行われていました。パンダアップデートボタンと呼ばれるようなものが押されたときにだけ、パンダアップデートが動いており、普段は動いていないアルゴリズムと言われていました。2013年3月15日以降から今現在まで通常のアルゴリズムとして組み込まれています。

パンダアルゴリズムはアップデートのたびに新たなスパムを見つけます。人口知能を搭載していると言われており、非常に頭の良いアルゴリズムで、解読は無理ではないかと言われています。

パンダアップデートに影響の受けやすいサイトとは

以下のような特徴を持ったサイトはパンダアップデートの影響を受けやすいと言われています。

  • 商品紹介をメーカーのサイトの文章をそのままコピーして掲載しているサイト。
  • 画像だけでテキスト情報が少ないサイト(不動産情報サイトなど)。
  • 2、3行のテキストに大量のバナーが貼られているアフィリエイト。

ペンギンアップデート・ペンギンアルゴリズム

次に「ペンギンアップデート」についての解説です。

ペンギンアップデートは2012年4月24日、全世界一斉導入されました。2012年5月25日、2012年10月5日の二回だけアップデートが行われています。最初は0.3%程度の軽度な影響だったと言われましたが、導入時は英語の検索結果の3.1%程度に影響を与えたと言われています。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートはWebスパムや過剰なSEO、リンクプログラムに対して影響を与えるとされています。

パンダアップデートのように、定期更新ではなく、次のアップデートがくるまでペンギンアップデートに捕まったことがわからないやっかいなアップデートになっています。ペンギンアップデートの次回予告としては、2013年内に大きな影響のあるアップデートを行う予定とされています。

ペンギンアップデートの影響を受けやすいサイトとは

以下のような特徴を持ったサイトはペンギンアップデートの影響を受けやすいと言われています。

  • サイト内に意図的なキーワードの詰め込みがされている。(キーワードスタッフィング)
  • Yomi Searchといわれるようなディレクトリサービスからのリンクが妙に多いサイト。
  • ワードサラダからのリンクが妙に多いサイト。

なんでパンダアップデートやペンギンアップデートという名称なの?

セミナー後に司会の鷹野さんより、パンダアップデートとペンギンアップデートについての質問がありました。以下は伊藤さんによる回答です。

パンダに関しては動物に関しての名前からと思われる方が多いと思いますが、実際はGoogleのエンジニアの名前からです。パンダさんというエンジニアが担当していたから、パンダアップデートと言われる。ペンギンに関しては、白黒の動物で、パンダを使ったので、ペンギンとなったと言われています。

Googleウェブマスターツールへの警告

Googleはアルゴリズムと手動の二段構えでスパムに対応しています。ところが、ペンギンアップデートとパンダアップデートで処理の難しいサイトもあります。その際は手動でウェブマスターツールに警告のメッセージを送ります。

2012年1月からはGoogleは警告の数を大幅に増やしました。警告ラッシュともいえます。なんと1ヶ月に70万通もの警告メッセージを送っています。

次にGoogleウェブマスターツールに実際に届く警告とはどいう種類があるのか紹介します。

不自然なリンクに関する警告

最もよく見る警告です。リンクを購入している疑いがある場合に警告があります。

リンクを受けているサイトではなく、リンクを売っているサイトに届きます。または、過剰に相互リンクしているサイトに届きます。「他のサイトへの不自然なリンク」という書き方をされます。

ユニークなコンテンツが無いサイトへの警告

コンテンツファームや内容・中身がないアフィリエイトサイトや、誘導ページに届きます。

法的な問題があり、検索結果から除外した場合の警告

レアなケースとしては中古ドメインを引き継いで買ったときに以前のドメインが法的な問題を犯していて、警告として届くケースもあります。

サイトが乗っ取られている可能性がある警告

WordPressなどのCMSのパスワードが漏洩したらしく、サイトの乗っ取りがされたり、スパムへリンクのあるページが大量に生成されたりしている場合に「ガイドライン違反のページを作っているので、インデックスから除外しています」というメッセージで届きます。

不自然リンクを多少行なっているサイトへの警告

「一部不自然なリンクが見つかったので、それらのリンクは無効化しました」というメッセージが来る場合があります。パンダアップデートが導入された2012年7月ぐらいに、同時に多くのウェブマスターツールにメッセージが届きました。

Googleがスパムに厳しくなった

Googleはさまざまな方法を用いてスパムの対応を強化しています。今現在も、大量の警告を送付しています。アルゴリズムも絶賛強化中です。今年、ペンギンアップデートを行うという予告もあります。

その中でどういったSEOが求められているのでしょうか。

今、求められているSEO

最後にまとめとして、これから行うべきSEOについて解説していただきました。

スパム行為はお勧めしません

スパム行為はお勧めしません。なぜかというと、すでに説明した通り、リスクが大きすぎます。昔はリンクを買えば上がる、ということがありました。しかし、今は効果が出にくくなっています。効果が出にくくなって、リスクが大きくなっているということがあります。もし、今効果があっても明日どうなるかわからないのです。今日上がっていたサイトが明日見当たらなくなったことを何度も見てきました。

Googleにスパム行為がバレて警告を受けた場合

ガイドライン違反箇所を修正するまで対応が必要とされています。どれくらい時間がかかるか。三ヶ月ぐらいで済むものもあれば、一年かかってしまうサイトもあります。

スパムに時間とお金を使うのはもったいない

スパムに貴重な時間とお金を使うのはもったいないのです。ではどういったことをすればいいのでしょうか。Googleがスパム対応を強化した理由というのはユーザーのためです。サイト運営者はユーザーのことを第一に考えたサイト運営が必要です。Googleはユーザーを見ています。僕には検索エンジンではなくて、ユーザーを見る必要があります。

アルゴリズムを追う必要はありません

SEO専業であれば、アルゴリズムを追うことはできますが、アルゴリズムはよく変わります。1日に2回、3回変わる場合があります。年間500回テストされていることがあります。アルゴリズムを追いかけるのは建設的ではないのです。何よりGoogleというのはユーザーから受けたリンクや評価を反映させようとしています。ユーザーから評価を受けるサイトを作るのが最優先です。

ユーザーから評価されるサイトが最強!

ユーザーから評価されるサイトが最強です。それはどういったサイトでしょうか。今でしたら、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアでシェアや多くリンクされる評判の良いサイトが強くなります。

誰でもマネできる部分は差がつきにくい

誰でもマネできる部分は差がつきません。例えば、

  • 見出しタグを適切に使う。
  • リンクを◯個以内にする。
  • キーワードを何%以内にする。

というような方法は差がつきにくいです。自分が上記の施策を行ったとしても、他者のサイトが同じ施策を行なってしまうと、結局は同じになってしまいます。

他のサイトにない強みを作ることが大切

どういったサイトが強くなるでしょうか。どういったサイトになるためにSEOを行うべきでしょうか。

  • 徹底的に考え抜かれたコンテンツ。
  • 高い更新頻度がある。
  • 売り込みではなく、情報提供している。ユーザーに先回りして情報を与えている。
  • サイト内で迷子にさせない親切な設計がされている。

これらのことができているサイトがこれから評価されます。これらのサイトは簡単に真似ができないのです。

徹底的に考え抜かれたサイトとはどういうサイトか?

セミナー後に司会の鷹野さんより、「徹底的に考え抜かれたサイトとはどういうサイトか?」という質問がありました。以下は伊藤さんによる回答です。

具体的には、例えばSEOでいうと、SEOについてSEOで調べている人は何について調べたいのだろう、ということを徹底的に調べることから始めます。どういったキーワードで検索するのか。リンク、評価、ソーシャルメディアなど…先回りして考える。かゆいところに手が届くサイトを目指す。質問の答えになるような受け皿のサイトが質の高いコンテンツということが言えます。

具体的にはクラッソーネさんの「リアルタイムSEO日誌」というサイトが参考になります。インハウスの社長さんが運営されているブログで自社のコンテンツを作るということで、キーワードプランニングから表記ゆれまでを対応して、どうやってコンテンツを作っていくかという過程を公開していくサイトがありますので、とても参考になります。

高い更新頻度とは?更新されなくても上位表示するサイトがあるのでは?

「更新されなくても上位表示するサイトがあるのでは?」という質問もありました。

高い更新頻度は全てのサイトに当てはまるものではありません。普遍的な情報で質の変わらない情報というのはあります。定期的に見られたり表示されたりというところで判断されています。例えば、歴史上の人物のサイトは情報が変わることがそうないので、更新頻度が低くても問題ないです。例えば、SEOのサイトであれば、常に新しい情報があるので、古い情報が陳腐化しやすく、メンテナンスが必要です。メンテナンスをしていけば評価は上がります。

更新頻度の高いサイトは、Googleのクローラーが高い頻度で訪れます。サイトの変化に気づかれることによって、インデックスに反映されます。高い更新頻度を保つことはユーザーに質の高い情報を届けようとしているとGoogleが判断し、評価が上がると言われています。

Googleが評価するのはナチュラルリンク

お金で買ったリンクは「リンクの付け方」という観点から、けっこうな頻度でGoogleがわかってきていると言われています。ユーザーに評価されて貼られたリンクが必要です。自分のサイトのどのページ、どのコンテンツにリンクが貼られているのか、自分のサイトのコンテンツの強みを確認しましょう。客観的に知ることも大事です。

Googleがコンテンツの良し悪しや貼ったリンクを判断することができるのか?

セミナー後に司会の鷹野さんより、「Googleがコンテンツの良し悪しや貼ったリンクを判断することができるのか?」という質問がありました。以下は伊藤さんによる回答です。
Googleはコンテンツの良し悪しを判断できない。基本的にコンテンツの良し悪しを判断するのはユーザーです。ユーザーは良いコンテンツと判断したときどういった行動を取るか、というのを見ていて、その部分を評価して良いコンテンツ、悪いコンテンツを判断します。

リンクの貼られ方にしても、何も更新がしていないのに突然リンクが増えたりするのは、とても不自然です。例えばあるコンテンツがツイートされる、いいね!される、Google+でシェアされて、リンクがついていったりすればそれは自然なので、評価されます。リンクの前にどんな文脈があるか。何が書いているか、というのをリンクから判断します。

検索結果に露出した後の改善も大切

せっかく検索結果に上位表示されても、クリックされなければ意味がありません。検索結果はどうなっているか、検索結果のCTR、クリック率は常に改善を心がけましょう。操作できる部分で手をいれて改善していくことが必要です。

まとめ

ウラ技的なSEOはスパムです。SEOではない

「SEOやっています」という相談を受けますが、お話を聞いてみると、それはSEOではなく、スパムを行なっていると思うことが多いです。スパムとSEOの違いを理解することが大事になっています。

ユーザーの方を向いてSEOを始めよう

検索エンジンのほうだけを向いて、SEOを行なってもそれは小手先のテクニックです。上位表示は長く続かず、苦労することになるでしょう。継続することで大きなアドバンテージがもてます。継続できるSEOが大事です。

リンク、サイトの構造化は手を動かせば誰でもできる部分です。コンテンツというものも、それぞれのプロである皆さんの知識を自分のサイトに反映させます。それは今からでもできることです。

以上で 『CSS Nite in SAPPORO, Vol.9「いま必要なSEO」』の「Googleの変化から理解するSEOのトレンド」 のレポートは終了です。以下は株式会社24-7主催のSEOセミナーのご案内です。

「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」を開催

CSS Nite in SAPPOROとしては初のSEOイベントが行われましたが、株式会社24-7としても初のSEOイベントを行います。SEOの第一人者である住太陽さんを札幌にお招きいたしまして、「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」の札幌版を2013年6月15日(土)15時から開催することとなりました。

「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」の初回は岡山で開催され、全国的に大反響を巻き起こしたセミナーです。大阪版はイベント告知開始から数時間で用意した60席は満席となり、増枠後もすぐ満席。現在はキャンセル待ちとなっている大変人気のセミナーです。

多くの方がイメージされている従来のテクニック重視のSEOとは違った視点でSEOの話を聞くことができるセミナーです。普段、Web制作を行なっているWeb制作者が「クライアントから求められることは何か」ということを中心に、Webクリエイター、Web制作会社が知るべきこと、今後やるべきことを考えていきます。

SEOの第一人者である住太陽さんの話を聞くことのできる大変貴重な機会となっておりますので、ぜひご参加ください。

【イベントご案内】「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」札幌版・参加者募集のお知らせ
Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル|EventRegist(イベントレジスト)


New Call-to-action