SEO対策

ページを改善し検索ランクを上げようと努力しなけれないけないのは重々承知ですが、なかなかどこに手を加えればいいかわからないのがSEO対策。徹底度合いも企業によって異なりますが、今回は今すぐ始めるべき基礎的な最適化ポイントをご紹介します。

1.ターゲットキーワードを決める

まずは、あなたの狙うキーワードを設定します。キーワードを設定する上で忘れてはいけないのは、「ユーザーが何を求めて自分のブログにやってくるのか」ということです。ユーザーが求めるコンテンツを書くことはSEO対策の一つの重要項目です。キーワードを決める際には企業のペルソナがどのような言葉遣いをするのか、リサーチをしましょう。他には、キーワードの検索ボリュームや競合性を知っておくといいでしょう。HubSpotにはキーワードツールがあり、簡単にキーワードの有効性を知ることができます。他にもGoogle Adwards「キーワードプランナー」はおすすめです。

HubSpot Keyword

解説記事:SEO対策はペルソナ理解から!キーワードプランナーの活用法

2.見出し

見出しは、訪問者の注意を引くためにとても重要です。その上、ページや記事の見出しを見るだけで言いたいことがわかるようにまとめます。また、1で説明したキーワードを入れることで、記事の関連性が高い、と評価されます。

3.URL

URLには、記事やページのキーワードを入れます。関係のない文字や数字をいれると、URLとコンテンツ(ページや記事)の関連性が評価されません。URLの設定はページのインデックスの判断要素の一つであるので、必ず関連するキーワードをいれましょう。検索ワードが日本語であってもURLのアルファベットが同じ単語であれば認識されるので諦める必要はありません。以下を見てみると、検索ワード「グロースドリブンデザイン」に対して検索結果のURL「growth-driven-design」が太字になっているのがわかります。

SEO対策 URL

4. インバウンドリンク

インバウンドリンクとは、外部ページに自分のページへのリンクを貼ってもらったリンクのことです。こちらはすぐに取り組めるSEO対策とは言えませんが、心に留めておきましょう。たとえばDXブログを運営する24-7のCEOブログのリンクを使った場合、「DXブログよりインバウンドリンクがあった」とインバウンドリンクを1獲得できたことになります。より多くのインバウンドリンクを獲得すると、より高くランクされる傾向がある上に、サイトの訪問者数も増えるでしょう。

インバウンドリンク

上図はHubSpot上のページのパフォーマンス分析の画面です。どのサイトからインバウンドリンクが得られたのか、アンカーテキストは何か一目でわかります。

5.altタグの設定

画像にはaltタグを使ってテキスト化させましょう。Googleがインデックスできる画像形式はBMP、GiF、JPEG、PNG、WebP、SVGです。そして、Googleはページにあるタイトルや本文を読み込むように、画像はaltテキストで認識されます。画像のファイル名も画像に合った名前をつけましょう。また画像の読み込み時間も短くするとよりよいです。

参照:A Marketer’s Guide to Optimizing Images for Google Search

6.メタディスクリプション

メタディスクリプション SEO

メタディスクリプションとは、検索結果に表示されるページタイトルの下の文章です。メタディスクリプションを読むことで、ユーザーがページの概要を一目でわかるようにします。文字の長さは120文字以内を目安に、概要をまとめましょう。

7.マーケティンググレーダー

その他にSEO対策としておすすめしたいのが、HubSpotから提供されている無料でWebサイトのパフォーマンスを評価できるマーケティンググレーダーです。こちらはマーケティングに必要なWebサイト、ブログ、ソーシャルメディア、SEO、リードジェネレーションなど全体の評価を数字で30秒以内に表示してくれます。簡単なので、ぜひ試してみてください。

HubSpot marketing grader

コンテンツをユーザーに届けるには、最適なSEO対策が必要です。SEO対策でこれまで正しいと思われていたものも、アップデートされている場合があるので日々の情報収集は欠かせません。SEO対策の最新の情報まとめたEブックをご用意したので、ぜひ参考にしてみてください。


SEO