content for seo

2015年11月中旬、Googleは検索品質評価者向けのガイドラインである「検索品質評価ガイドライン」(英語)を公開しました。また、検索アルゴリズムについての考え方をまとめたページも公開しています。Googleでは検索エンジンのシステムによる検索結果に対して、人がその結果を評価してさらに検索エンジンの品質を高めるというプロセスを取り入れていますが、公開されている検索品質評価ガイドラインは、人が品質評価をするときの拠り所となるものです。

ガイドラインには、良質と判定するコンテンツ、悪質判定するコンテンツの特徴についても書いています。これらを参考に、検索エンジンに嫌われないためのコンテンツ制作=SEO対策を紹介します。

検索キーワードはユーザーのニーズ

ユーザーがキーワードを入力して検索するときは、そのキーワードに関係した情報を知りたい時、そのキーワードを購入したい/予約したい時、あるいは特定のサイトを訪れたい時など、様々な状況があります。ユーザーが検索エンジンで入力したキーワードはまさにユーザーのニーズそのものです。

そのニーズにあうと検索結果に表示されたコンテンツは、ユーザーの要求に対して答えなければなりません。もし、期待と違ったコンテンツだったら、ユーザはすぐに離脱して、他のページを探します。

一方、ユーザーが知りたいことにマッチしたコンテンツであれば、そのコンテンツを時間をかけてしっかり読み、同じサイト内の別のコンテンツも見るというような行動になります。ソーシャルメディアでリンクをシェアすることもあるでしょう。検索結果から訪れたユーザーがこうしたポジティブな行動をすれば、検索エンジンは良質なコンテンツとして判断し、さらに検索上位に表示されるようになります。

キーワードからコンテンツを考える

コンテンツのSEO対策では、ユーザーがどんな言葉で検索したときに、コンテンツが表示されたいかを考えて、キーワードをピックアップします。そしてピックアップしたキーワードに対して、どんなコンテンツが作れるか、企画を考えるのです。

しかし、闇雲にキーワードをリスト化するのではなく、キーワードの競合性を含めて考える必要があります。例えば、この「DX.univ 」ブログは、「マーケティング」で検索しても上位に表示されるのは難関です。その理由は「マーケティング」は、検索ボリュームが多いキーワードですが、すでに多くのコンテンツがあるため、上位に表示されるのは非常に難しいのです。

そこで「インバウンドマーケティング」、「コンテンツマーケティング」など、「マーケティング」よりはややボリュームの少ないキーワードを選定します。それでもまだ競合が多いので、そのキーワードを分解して、「コンテンツ SEO対策」などキーワードの組み合わせを考えて上位表示を狙っています。

キーワードの検索ボリュームについては、Google キーワードプランナーを利用するとよいでしょう。このツールではキーワードの検索ボリュームや競合性がわかるだけでなく、一つのキーワードと同時に検索される関連性の高いキーワードの候補なども教えてくれます。キーワード選定のときに役立ちます。

おすすめ記事:SEO対策はペルソナ理解から!キーワードプランナーの活用法

タイトルにキーワードを入れる

検索キーワードを踏まえてコンテンツを作成したら、ターゲットキーワードをタイトルに含めるようにします。検索された時に、何が書いてあるのかユーザーに伝わりやすいタイトルをつけます。また、コンテンツごとにタイトルをつけるようにします。同じタイトルで、前編、後編、あるいは第1回、第2回とすることもありますが、シリーズのタイトル名をつけて、それぞれのコンテンツに別のタイトルを設定したほうが検索エンジンにも、読者にもわかりやすくなります。

検索エンジンがわかりやすい構造のタグ設定

コンテンツの内容だけでなく、ページの構成のタグ設定も重要です。これは検索エンジンがコンテンツをチェックしにきたときに、そのページの構造を理解しやすくなるためです。しかもタグ設定は、検索エンジンのためだけでなく、読者のためでもあります。書籍のようにしっかり構造だてられて造られたコンテンツは、読み手にも理解しやすくなるからです。

titleタグとメタタグ

titleタグとメタタグは、検索エンジン向けに構造や内容を知らせるためのタグでコンテンツのヘッダー「”<head>”」内に記述します。メタタグのdescriptionはコンテンツ内に直接表示されるわけではありませんが、検索したときに表示されるものです。コンテンツごとにメタタグを設置しましょう。

  • <title> Webサイト全体のタイトル。
  • <meta name=”description” content=”コンテンツの説明” />
  • <meta name=”keywords” content=”コンテンツが取り扱うキーワード” />

メタディスクリプション

本文の構成:見出しをつける

コンテンツのタイトルを構造化して設定します。

コンテンツの最も大きいタイトル

コンテンツの見出しタイトル

見出しの中に含まれるコンテンツの中の小見出し

見出しの下に対応するテキストを書きます。見出しの内容と一致するコンテンツを用意しましょう。コンテンツについては、「これが「質の高いコンテンツ」の5つの条件だ!」を参考にしてください。

読者の欲しい情報をわかりやすく公開する

コンテンツのSEO対策をまとめましたが、ベースには、読者の欲しい情報、知りたい情報を、わかりやすく伝えることがあります。こうした姿勢でコンテンツを作ることが結果としてSEO対策になるのです。わかりやすいコンテンツは、ユーザーがリンクをソーシャルメディアでシェアしてくれるチャンスも増え、リンク獲得やソーシャルメディア経由の流入も増える可能性が高まり、企業のコンテンツに興味を持った人(リード)を獲得する確率も高まります。

コンテンツをユーザーに届けるには、最適なSEO対策が必要です。SEO対策でこれまで正しいと思われていたものも、アップデートされている場合があるので日々の情報収集は欠かせません。SEO対策の最新の情報まとめたEブックをご用意したので、ぜひ参考にしてみてください。


SEO