キーワードプランナー

「コンテンツを書いてもなかなかPVが伸びない」

そんな悩みを抱えるあなたへ、設定した自社ペルソナへの理解を深め、SEO対策につなげる方法をご紹介します。

ペルソナを理解することがSEO対策の軸となる

今までのSEO対策のように外部リンクを多く貼ることやコンテンツの内容を意識せずに対策キーワードをたくさん使うことで検索結果の上位に表示されるものではなくなりました。

自社のターゲット(ペルソナ)が欲しがっているコンテンツを書くことで検索結果の上位に表示されるようにGoogleのアルゴリズムは改善されています。この理由として、Googleはユーザーに役立つコンテンツの提供を基本軸としているからです。

Google公式のウェブマスター向けガイドラインではコンテンツを書く人は検索エンジン中心ではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮して書くべき、と基本方針で提言しています。Googleはユーザーにとって適切で役立つコンテンツを検索結果の上位に表示し、ユーザーの求めているコンテンツを届けようと心がけています。

コンテンツを作成する人は、コンテンツを書き始める前にきちんとペルソナを理解することが重要です。設定したペルソナがどんな情報を知りたいと思っているのか、どのようなキーワードで検索をするのかを理解することで、彼らの欲しがるコンテンツを書くことができ、ペルソナにコンテンツを届けると同時に、SEO対策にもつながります。そして、ペルソナが欲している情報を知る方法として、Google AdWordsのキーワードプランナーをおすすめします。まずは、ペルソナの理解を深めるのに役立つ「キーワードプランナー」の使い方を紹介します。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーは検索キーワードに関するデータを提供してくれるツールです。Googleはユーザーが欲しがっているコンテンツの提供を目標としているため、コンテンツを作成する人にもより良いコンテンツを配信できるよう、様々なツールを無料で提供しています。その中でもキーワードプランナーはペルソナ理解とSEO対策において、有効なデータを公開しています。それでは、キーワードプランナーの使い方と重視するポイントについて説明していきます。

キーワードプランナーの使い方と重視するポイント

まず、キーワードプランナーを利用するためにはGoogle AdWordsのアカウントが必要です。アカウントを持っていない方はアカウントを取得してください。

はじめに、Google AdWordsにログインし、運用ツールのキーワードプランナーを選択します。

キーワードプランナー

次に「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を開き、赤い囲みの部分にキーワードを入れ、「候補を取得」をクリックします。ここで入れるキーワードについては次の章に後述していますのでそちらを参照してください。

キーワードプランナー

すると次にこちらのページで、左の地域を日本に設定し、キーワード候補をクリックします。

キーワードプランナー

 

次にこのようなページが出てきます。この赤い囲みの部分が重要な情報です。①、②、③の順番に説明します。

キーワードプランナー

1. 月間平均検索ボリューム – 1ヶ月にどのくらいの検索数があるのかを平均した数です。多ければ多いほどたくさんの人が知りたいと思っており、興味を持っているということになります。

キーワードプランナー

2. 競合性 – そのキーワードに対してウェブサイトがどの程度アップされているかを表しています。競合性が「低」だと、そのキーワードに関するWebサイト(コンテンツ)が少ないことを意味し、競合性が低いということになります。

キーワードプランナー

①の「月間平均検索ボリューム」が多く、②の「競合性」が「低」の時、そのキーワードに関連した情報を知りたい人は大勢いるがコンテンツが少ないということになり、検索結果で上位に表示されやすい可能性があるので狙い目となります。

キーワードプランナー

3.キーワード(関連性の高い順)- ユーザーが検索して調べるとき、メインキーワードと一緒に検索するサブキーワードを知ることができます。例を挙げると、「Webマーケティング SEO」で検索した時、「Webマーケティング」がメインキーワードで「SEO」がサブキーワードです。

このメインキーワードとサブキーワードからペルソナがどんな情報を求めているのかを読み取ることが出来ます。これらのキーワードからコンテンツを考え、ペルソナが知りたい情報を提供しましょう。

キーワードプランナー

キーワードプランナーに入力するキーワードを調べる方法

ここでは、キーワードプランナーに入力するキーワードを調べる時のポイントや方法を紹介します。

  1. メインキーワードで検索し、検索結果に出てくる「関連する検索キーワード」を調べる(googleだと検索結果の一番下に出てきます)
  2. 類語辞典で様々な類語を調べる(例:マーケティング、集客、シーズ発想、販売促進)
  3. Yahoo知恵袋で自社に関連した質問を調べる(例: Webマーケティングとは?)
  4. Amazonでペルソナが購入しそうな本のコメント欄を見て、彼らの知りたいこと、使っているキーワードを調べる
  5. 自社のペルソナが入ってると思われるFacebookグループの投稿やFacebookページのコメント、シェアでキーワードを調べる
  6. 自社と同じカテゴリーのブログで使っているキーワードを調べる

まとめ

今までの被リンクをたくさん貼るようなSEO対策ではGoogleに嫌われ、検索結果で上位に表示してもらえません。今後コンテンツ作成の際に心がけることはユーザー中心で考え、彼らが欲しがるコンテンツを提供することです。ペルソナをきちんと理解して、彼らに合ったキーワードを考え、欲しがる情報を書くことがコンテンツを読んでもらう基本となります。

最後に、キーワードを考えるポイントやブログレイアウトなど、いかにペルソナに興味を持ってもらうかをまとめたEブックを載せておきます。是非、ダウンロードしてよりペルソナに好かれるコンテンツやページを作りましょう。


SEO