ペルソナ

誰が自社の顧客であるかを知ることは、全ての企業にとって重要なことです。自分たちの製品を誰が購入しているのか、という考えがなかったら、どうやって日々変化する顧客のニーズを満たすことができるでしょうか。マーケティング、営業、開発の各部門で「自分たちの顧客が誰であってほしいか」という共通の認識を持つことは、企業を成長へ導くために必要不可欠です。この広い世の中で、誰が将来の顧客となるでしょうか。彼らは今何を求めていて、この先何を求めるでしょうか。

マーケティング・ペルソナを作成する理由

マーケティング・ペルソナは、自社の潜在ユーザーと顧客の様々な目標や行動パターンを表す存在です。ペルソナの潜在的なニーズや需要について考えることは、未来の顧客ベースを作成する手助けとなります。

マーケティング・ペルソナは、潜在顧客に共通している行動を特定します。彼らは何をしていますか。何に時間やエネルギーを注いでいますか。自社の製品やサービスは、いかにして彼らを成功へ導き、日常的に不可欠なものとなることができるでしょうか。ペルソナを作成すると、潜在顧客の声が製品を通じて届くことに気がつくでしょう。自社の製品はマーケティング・ペルソナを開発することで変化していきます。ペルソナがいなければ、ビジネスは方向性を失う可能性もあるのです。

マーケティングペルソナもアップデートが必要

マーケティング・ペルソナを開発した後、アップデートすることはとても重要です。人々のニーズや需要は常に変化しています。同じペルソナを使い続けると、自社のビジネスはすぐに陳腐化し意味のないものになるでしょう。また、マーケティング・ペルソナを開発することで、組織を横断して団結させることができます。マーケティング、営業、カスタマーサービス、製品開発、及びファイナンスの各部署がペルソナを共有することでシナジー効果を期待できます。

ペルソナを用いることで、健全なトラフィックを獲得しリードや顧客をWebサイトに呼び込むことができます。将来の顧客がどのページに時間を費やしているかがわかると、自社の製品開発も促進され、それぞれの顧客に最適化した関係を築くことができるでしょう。

マーケティング・ペルソナが必要である理由を理解したところで、ペルソナを作成するためのポイントをみていきましょう。

ペルソナ作成時の7つのポイント

1.ペルソナの名前と役割
名前は?どういう仕事をしていますか?役職は?典型的な一日は?どのようなスキルを必要とされていますか。どんな知識やツールを使用していますか。誰に報告が必要で、誰が彼らに報告してきますか。

2.企業
彼らの会社はどの業界に属していますか。会社の規模は?売上や従業員数は?

3.目標
何に責任を負っていますか。成功とは何を意味しますか。

4.チャレンジ
一番大きな課題は何ですか。

5.社会的つながり
仕事の新しい情報をどうやって習得していますか。どのような出版物やブログを読んでいますか。どんな団体やソーシャルネットワークに所属していますか。

6.個人的バックグラウンド
年齢、家族構成は?子どもはいますか。学歴は?

7.購買の嗜好
業者とどのように関わるのが好きですか。(Eメール? 電話? 直接会って?)業者や製品を検索するのにインターネットを使用しますか。その場合、どのように情報を検索しますか。

これらの初歩的な質問には全て答えられるようにしましょう。ペルソナをより深く掘り下げるための次のステップは:

  1. 行動にフォーカスする
  2. 架空だが実在する人物のように扱う
  3. 一枚の写真は1000語に値する
  4. ストーリーを語る
  5. 一人(あるいは数人)にフォーカスする

マーケティング・ペルソナについて理解を深めるために、ランディングページを使って調査をすることができます。また、もっと個人的な考えを得るために既存顧客にインタビューする方法もあります。既存顧客に対して調査を行うことも効果的です。Facebookのようなソーシャルネットワークページが得意とする分野です。Facebookの企業ページでつながっているユーザーの情報から得られるものも多いでしょう。リードの情報に注意を向けたり、営業担当者の話を聞くことも手助けとなります。


ペルソナテンプレート