こんにちは!マーケティングプランナーの陶山(すやま)です。

私が所属する株式会社24-7ではHubSpotの導入や運用の支援を行なっているのですが、お客さまから「HubSpot(ハブスポット)ってSalesforce(セールスフォース)と連携できるんでしょ?どんなふうに連携できるの?」というようなご質問をいただくことがあります。

そこで今回はHubSpotとSalesforceの連携についてご紹介したいと思います。

※HubSpotとSalesforceの連携機能をご利用いただくには、HubSpotのProfessionalまたはEnterprise、SalesforceのProfessionalまたはEnterpriseまたはUnlimitedにご契約いただく必要があります。

HubSpotとSalesforceを連携する

まず、おさらいとなりますが、HubSpotでは以下のように「(見込み)顧客の情報」や「(見込み)顧客とのやり取り」を管理することができます。

ここでいう”やり取り”とは、Web上での行動(ページ閲覧やeBookダウンロードなど)はもちろんのこと、One-to-Oneのメールのやり取りも含みます。さらにオフラインのデータを統合することで、(見込み)顧客とのあらゆる接触情報をHubSpot上で一元管理することも可能です。以下に顧客データのサンプルをご紹介します。

HubSpotの顧客データ

hubspot_salesforce_integration_1

 

HubSpotでは、ポータル上から簡単にSalesforceとの連携が設定できるようになっています。詳しい設定手順に関しては以下のヘルプページをご参照ください。(英語での解説となりますが、設定の流れに沿って画面キャプチャが用意されているので、英語が苦手という方でも読み進めやすくなっているかと思います)

 

※参考
How to set up the Salesforce integration with HubSpot

HubSpotからSalesforceに連携された情報を確認する

上記の設定が完了すると、HubSpotとSalesforceの相互の顧客データが自動的かつリアルタイムに同期され、常に最新の情報が保たれるようになります。それでは、先ほどご紹介したHubSpotの顧客データがSalesforceでどのように表示されるかみていきましょう。

Salesforceに連携された顧客データ

hubspot_salesforce_integration_2

 

HubSpotの顧客データがSalesforceに自動的に連携されているのがわかります。続いて、個々のデータがどのように登録されているか少し細かく見ていきましょう。

リードの詳細

hubspot_salesforce_integration_3

「名前」「会社名」「役職」などの情報が登録されています。こちらはSalesforceの初期設定のデータレイアウトとなりますが、上記以外にもHubSpotに記録されているプロファイル情報は全てSalesforceに反映させることができます。さらに、HubSpotのどの項目をSalesforceのどの項目に紐付けるか、というようなデータのマッピングに関してもHubSpotのポータル上で簡単に操作することができます。

HubSpot Intelligence

hubspot_salesforce_integration_4

対象の顧客のWeb上での行動履歴を把握できます。HubSpotに記録されている全ての情報をSalesforceで…とまではいきませんが、自社サイトに訪れた回数や最後に接触したタイミング、そこで閲覧したコンテンツの内容など、営業が顧客の動向を把握するのに必要充分な情報が網羅されています。さらにHubSpotで計測したスコアリングのデータに関しても連携されます。

活動履歴

活動履歴

eBookのダウンロードやセミナーへの申し込み、あるいはこちらから送信したメールの開封状況などを活動履歴として登録することができます。どこまでの情報を活動履歴として登録するかはHubSpotのポータル上で設定が可能です。

HubSpotとSalesforceを連携すると何が変わるのか

ここまで、HubSpotとSalesforceの連携について簡単にご紹介してきました。それでは、この2つのツールを連携することで企業が得られる利点は何でしょうか。

単にデータが同期されるだけでは、新しい価値は何も生まれません。重要なのは、連携そのものではなく、それによって得られたデータをどのように活用するかということです。

Salesforceは、営業活動を最適化するためのツールです。一方、HubSpotからSalesforceに連携されるデータは顧客の「興味・関心」や「検討の段階」を把握する手がかりとなるものです。営業が、顧客に対するアプローチを最適化し、個人や組織の生産性を向上したいと考えるのであれば、HubSpotとSalesforceの連携は強力な道具となり得るはずです。

 

いかがでしたか?弊社では、HubSpotのユーザー企業さまに対してSalesforceとの連携のご支援をさせていただいておりますので、相談されたいという方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。また、SalesforceのようなCRMを導入しているけれど今ひとつ使いこなせていないという方がいらっしゃいましたら、こちらのeBookも合わせてご覧くださいませ。


インバウンドセールス