sequence_eyechatch

営業担当のみなさんは、提案資料の作成や外回りなどで、忙しい毎日を過ごされていることでしょう。そんなみなさんの業務が、ツールを導入すると劇的に楽になります! この連載では、マーケティング&セールスソフトウェアの「HubSpot」を活用した、営業業務の効率化についてご紹介していきます。

今回は、リードナーチャリングの基本、メールを用いたセールス活動を自動化できる「シーケンス機能」をご紹介します。

シーケンス機能とは

前回お伝えしたメールテンプレートをさらに活用し、パーソナライズされた時間指定のメールとフォローアップタスクリマインダーを組み合わせて使用、見込み客とのコミュニケーションを自動化し、段階的に見込み客とコミュニケーションを取ることのできる機能です。

具体的な使い方

シーケンスは自分で新たにステップを組み立てることもできますが、あらかじめ複数のシチュエーションに応じたステップも用意されているので便利です。

例えば次のようなサンプルが用意されています。

  • 展示会やカンファレンスのフォローアップシーケンス
  • 製品デモのリクエストについてミーティングのセット
  • 電話後のフォローやミーティングセット
  • 電話が相手につながらなかった場合のフォローアップ
  • しばらく連絡が取れない場合の状況を進めるための連絡

サンプルの具体的な内容をすこしご紹介します。

サイトからコンテンツをダウンロードした方へのフォローアップシーケンス
①自動送信:コンテンツダウンロードのお礼メール

Sequences   HubSpot1

②タスク:フォローアップ電話

Sequences   HubSpot2

③自動送信:フォローアップの架電後反応がなければ、再度メール送信

Sequences   HubSpot3

④自動送信:ミーティングセットのリンクをメールで送信

Sequences   HubSpot4

シーケンスは、ステップの途中で反応があれば自動でストップし、商談など次の段階へ移行します。また、自動送信のメール本文には、パーソナライズトークンミーティングリンクをセットすることができるため、一斉送信の機械的なメール文ではなく、1対1の人間味あるコミュニケーションを取ることができます。個別カスタマイズしたメールを自動で送信しながら、本来するべきフォローアップに専念することができるのです。

シーケンスを検証する

シーケンスにコンタクトを登録すると、HubSpotのアナリティクスツールを使用して「メール開封数」「返信率」「ミーティング予約率」「登録解除率」などを検証することができるので、効果的なメールテンプレートを把握し、最適化しながら使用することができます。

また、シーケンスはチームで共有することができるので、チームで効果的に業務改善に取り組むことができるでしょう。

次回もどうぞお楽しみに!

顧客獲得の最大化に貢献できるHubSpot Sales機能