リードジェネレーション

インバウンドマーケティングにはさまざまな専門用語があります。インバウンド初心者の方やもう一度定義を整理したいという方向けに、インバウンド用語の解説記事をシリーズで始めたいと思います。初回は基礎用語である「リードジェネレーション」について学びましょう。ネコ(ついんきー)が登場します!

リード(見込客)とは
自社の製品やサービスに興味を示し、将来的に顧客になる可能性のあるひと

ついんきー

リードジェネレーションとは
「リード」を生み出すためのマーケティング活動

リードジェネレーションが大切な理由

「リード」は、顧客へとコンバージョンする確率が高い存在。 インバウンドの仕組みを作ることで、訪問客を質の高い「リード」にすることができます。その後、適切なタイミングでそのひとに合ったアプローチをすることが、最終的に顧客化へと繋がります。リードの獲得方法としては企業によって様々ですが、みなさんは、以下の4つの方法で得たコンタクトをリードとしていませんか?

  • 購入した営業リスト
  • インセンティブ(景品等)の利用
  • 展示会で入手した名刺
  • Webに掲載されている情報のみでセグメント

ちがうの?! このようなひとを区別なくリードと捉え、営業電話や営業メールなどでアプローチをかけても、効果的な反応は期待できません。そのひとが本当に自社の製品やサービスに興味をもっているかどうか、疑問をもたなくてはいけません。 質の高い「リード」を獲得することが大切で、そのためにはインバウンドの仕組みでリードジェネレーションする事が重要なポイントとなります。

リードジェネレーション Eブック