導線 サイト

B2B企業にとって、オウンドメディア運用の目的の1つに、問い合わせや資料ダウンロードを通して、リード情報を獲得することがあります。
今回は、オウンドメディアから自社サイトに用意した問い合わせフォームにユーザを誘導するための手法についてまとめます。

リード情報獲得の手段を増やす

リード情報を獲得するのは、問い合わせだけではありません。問い合わせ以外でも、資料ダウンロード、無料トライアルなど、自社の事業に即した手法を用意できます。

資料ダウンロードの場合、リード情報入力を必須にする資料、リード情報なしでもダウンロードできる資料とを分けてもいいでしょう。

フォーム入力なし

例えば、製品概要や導入例のPDF版など公開情報に近いものは、フォームの入力なしでダウンロードできるようにしてもよい資料に分類されます。せっかく情報を入力してまで得た資料が、Webサイトで公開されている情報とほぼ同じだった場合、失望されてしまうからです。こうした情報をダウンロード資料として用意することは、リード情報の獲得よりも、印刷しやすい、見やすいというように、ユーザ体験の向上のためであると考えましょう。

フォーム入力あり

一方で、調査データをまとめたものや、EブックなどWebサイトでは公開していない情報、より詳細な情報などをまとめたものは、ダウンロードする前に情報の入力を求めるというようにします。どんな資料でもダウンロードするには必ず入力を求めるWebサイトも多いですが、本当に入力させるべきかは、今一度見直してみたいところです。
無料トライアルなどが可能なサービスは、リード情報を入力した後、利用できるような仕組みにするとよいでしょう。無料トライアルした人には、期限が切れた時にフォローアップのメールをするなど、有料利用に転換するための施策まで踏まえて用意しましょう。

問い合わせにつなげる複数の導線を用意する

問い合わせや資料ダウンロードがあることに気づいてもらいやすいように、オウンドメディアや自社サイト内に複数の導線を用意しましょう。例えば、以下のような場所に導線を用意できます。

  • メニュー
  • サイドバナー
  • 記事下バナー
  • 文中で、リンクを挿入
  • フッター

読者の目につくところに誘導する場所を設置することで、読者に問い合わせの窓口を知らせることになりますし、問い合わせ先がわからなくて離脱するということを防ぐことができます。

サイドや記事下に設置するものは、ただのリンクよりも、バナーにしてビジュアルで訴えると目立ちます。

文中のリンクは、じっくり本文を読んでいる人向けなので、関心のある人が問い合わせをしたくなるような工夫をしてみましょう。


「事例の詳細の紹介や、事業に合わせた提案が可能です。
ぜひお問い合わせ(リンク)ください。」

電話番号の掲載

業種にもよりますが、「最初の問い合わせは電話でしたい」という方も少なくありません。電話対応の体制が整っていれば、オウンドメディアにも電話番号を掲載しておくとよいでしょう。

WordPressで使える便利なプラグイン

WordPressを使っているなら、プラグインを追加して誘導するのも有効です。ただし、いろいろ出し過ぎると、押しが強すぎるので、サイトの構成とあわせて吟味して導入するとよいでしょう。

サイドにタブを追加する:Simple Side Tab

サイドにリンク付きのタブを設置するプラグインです。サイズや色などを指定できるので、邪魔にならない程度に追加することができます。リンク先を問い合わせページに指定することで、誘導できます。

wordpress plugin

ポップアップを表示する:Popups

サイトの訪問者にポップアップを表示するプラグインです。ポップアップ内にボタンで問い合わせページにリンクできます。

wordpressプラグイン

 

Contact form 7などのプラグインと連携しているので、ショートコードを追加すれば、ポップアップ内に問い合わせフォームを表示することもできます。

誘導先のページを適切なものにする

特に、無料トライアルや無料サービスなどの利用の場合、直接問い合わせフォームにリンクするよりも、無料トライアルで何を試せるのか、どんなサービスを受けられるのかをまとめたページに誘導してから、問い合わせに誘導したほうが、コンバーションがよくなる場合があります。

ユーザの立場にたって、問い合わせをする必要性について納得があるかどうかを評価して、誘導方法を考えましょう。

ユーザの詳しく知りたいという気持ちをフォローする

お問い合わせ、資料ダウンロードは、ユーザからの積極的なアクションが必要なため、問い合わせ先がわからなかったり、問い合わせる動機がなければ、問い合わせにはつながりません。

導線をわかりやすくしてユーザを導くことはもちろん、ユーザがさらに知りたいと思う気持ちに寄り添って情報を公開するように意識してコンテンツを制作することも重要です。


コンバージョン率最適化