インバウンドマーケティング支援ツール「HubSpot」の導入実績、アジア圏 No.1

HubSpot CERTIFIED AGENCY PARTNER PLATINUM

「愛されるマーケティング活動」を推進する株式会社エル・エム・ジー(Lovable Marketing Group、以下 LMG)のグループ会社で、インバウンドマーケティング事業を推進する株式会社 24-7(トゥエンティフォーセブン/本社:東京都中央区、代表取締役 CEO:田村慶)は、10 月 14 日(水)、米 HubSpot 社が認定するプラチナパートナーに昇格しました。国内での認定は、LMG のグループ会社である株式会社マーケティングエンジンに続き、2 例目となります。

米 HubSpot 社は、2006 年 6 月に設立、ボストンにおける就職したい企業の第 1 位にも選ばれ(ボストンビジネスジャーナル誌)、2014 年 10 月 9 日(米国時間)ニューヨーク証券取引所に上場しています。同社は、インバウンドマーケティング支援ツール「HubSpot」を提供しており、世界のパートナー数は 2,500 社以上、導入実績社数は 15,000 社以上にのぼります。パートナーの格付けは「HubSpot」の導入実績数だけでなく、導入した企業の運用サポートや HubSpot の利用頻度、マーケティングの成果などを加味して行われます。 24-7 は 2012 年から企業の HubSpot の導入・運用支援を開始、現在まで 1 件の解約も出さずに、日本国内において 約 20 社に HubSpot をご利用いただいています。今後も、米 HubSpot 社が定義する最高ランクのダイヤモンドパートナーの認定を目指して、インバウンドマーケティングの考えに基づいた戦略立案、HubSpot の導入、コンテンツ制作・運用、分析などのサービスを提供していきます。

インバウンドマーケティングについて

2005 年、HubSpot 社が提唱したマーケティングの考え方です。一方的な営業電話やダイレクトメールなどで企業から顧客を追う「アウトバウンド」な活動に対して、見込み客が自ら情報を求めて自社のサイトへ訪問してもらい、製品やサービスの顧客及び推奨者になってもらうためのあらゆる活動を指します。
生活者及び B to B における購買決定者は、検索エンジンやソーシャルメディアの普及により、企業からの情報を受動的に消費するだけなく、主体的に情報を検索・収集し、購買に関わる意思決定をしています。こうした時代背景から、生活者や購買決定者の視点に立ち、邪魔をするのではなく、価値のある情報を適切な形で届けることが重要です。インバウンドマーケティングは現代の生活者の情報の消費行動に寄り添った考え方として、注目を集めています。

株式会社 24-7 について

2005 年 7 月北海道札幌市にて創業。2006 年 8 月東京オフィス開設。2012 年にはシンガポールに関連会社 Asia 24-7を設立。インバウンドマーケティングに基づいた戦略策定、HubSpot 導入、Web サイトの企画・制作、分析を主事業として、海外向けオンラインマーケティングや東南アジアへの進出支援、展示会等への出展などをサポートしています。
ホームページ URL:http://www.24-7.co.jp/

株式会社エル・エム・ジー(LMG)について

2014 年 7 月設立。現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。LMG は、Lovable Marketing というコンセプトに賛同し、それを推進する専門性の高い会社をグループ力でシナジーを生み、Lovable Marketing を推進し、日本のマーケティング業界を変えていきます。
ホームページ URL:http://www.lmg.co.jp/

<本サービスに関するお問い合わせ>
株式会社 24-7
マーケティング担当:若本 怜子
〒104-0045 東京都中央区築地 4-1-1 東劇ビル 2 階
Tel:03-5322-1830
mail:reikow@24-7.co.jp

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社エル・エム・ジー
エンゲージメントデザインチーム 広報・PR 担当:増子 ひとみ
〒104-0045 東京都中央区築地 4-1-1 東劇ビル 2 階
Tel:03-6264-0837
mail:h.mashiko@lmg.co.jp