160203-news.png

株式会社エル・エム・ジーの子会社で、インバウンドマーケティング事業を推進する株式会社24-7(トゥエンティ―フォーセブン/本社:東京都中央区、代表取締役CEO:田村慶)に在籍するエンジニア 半田惇志は、「Webのための次世代エディタ『Brackets』の教科書」をAmazon.co.jp:Kindleストアで出版しました。
Brackets(ブラケッツ)は、コンピュータソフトウェア会社「アドビシステムズ(Adobe Systems Incorporated)」によりプロジェクトが発足されたオープンソース(※1)のコードエディター(※2)で、本書はBracketsについて解説された日本で初めての書籍となります。

書籍の特徴

1.Bracketsの導入から実務で使いこなすところまで、網羅的に解説しています。
2.Web技術を学習中の初心者の方、現場で活躍中のプロの方、いずれの方にも役立つ情報を掲載しています。
3.拡張機能でエディターを使いこなす解説は、他のエディターを活用するヒントとなります。

出版への思い

株式会社24-7 エンジニア 半田惇志(はんだ あつし)
「すでに人気を博しているエディターは、有料でかつ機能がシンプル過ぎるため比較的上級者向けです。一方、初心者にとって分かりやすく、簡単に使えて、無料というエディターはあまりそろっていないのが現状でした。そこで2014年11月にリリースされたのがBracketsです。Bracketsは、従来のエディターと比較して画面構成がわかりやすく、開発に必要な機能が揃っているため、これからHTML(※3)やJavaScript(※4)を学びたい人にぜひおすすめしたいエディターです。
私自身、初心者の頃からBracketsを愛用しており、プログラマが技術情報を共有するサイトQiita(キータ)で書いていた記事に多くの反響があったため、今回の出版を決意致しました。IT人材の必要性・重要性は、今後ますます高まっていく世の中において、本書が少しでも貢献できれば幸いです。」

書籍概要

タイトル:Webのための次世代エディタ「Bracketsの教科書」
価格:780円(税込)
目次:第1章 Bracketsの導入
   第2章 デフォルトの機能を使いこなす
   第3章 自分流にカスタマイズする
   第4章 拡張機能を追加する
   第5章 オススメ拡張機能集
   付録

著者:半田惇志

※1 オープンソースとは、プログラムのソースコードを公開し、誰でも自由に扱える開発形式。
※2 コードエディタ―とは、プログラムのソースコードを記述する際に用いる、専用のツール。
※3 HTMLとは、Webサイトを作成する際に用いるコンピュータ言語の一種。
※4 JavaScriptとは、主にWebサイトに動的な動きや処理を付加する際に用いるコンピュータ言語の一種。

インバウンドマーケティングについて
2005年、HubSpot社が提唱したマーケティングの考え方です。一方的な営業電話やダイレクトメールなどで企業から顧客を追う「アウトバウンド」な活動に対して、見込み客が自ら情報を求めて自社のサイトへ訪問してもらい、製品やサービスの顧客及び推奨者になってもらうためのあらゆる活動を指します。
生活者及びB to Bにおける購買決定者は、検索エンジンやソーシャルメディアの普及により、企業からの情報を受動的に消費するだけなく、主体的に情報を検索・収集し、購買に関わる意思決定をしています。こうした時代背景から、生活者や購買決定者の視点に立ち、邪魔をするのではなく、価値のある情報を適切な形で届けることが重要です。インバウンドマーケティングは現代の生活者の情報の消費行動に寄り添った考え方として、注目を集めています。

HubSpot社について
HubSpot社は、2006年6月に米国マサチューセッツ州ケンブリッジで設立し、2014年10月9日(米国時間)ニューヨーク証券取引所に上場しています。同社は、インバウンドマーケティング支援ツール「HubSpot」を提供しており、世界のパートナー数は2,500社以上、導入実績社数は15,000社以上にのぼり、この業界ではリーディングカンパニーです。

株式会社24-7について
2005年7月北海道札幌市にて創業。2006年8月東京オフィス開設。2012年にはシンガポールに関連会社Asia24-7を設立。インバウンドマーケティングに基づいた戦略策定、HubSpot導入、Webサイトの企画・制作、分析を主事業として、海外向けオンラインマーケティングや東南アジアへの進出支援、展示会等への出展などをサポートしています。
ホームページURL:http://www.24-7.co.jp/

株式会社エル・エム・ジー(LMG)について
2014年7月設立。現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。LMGは、Lovable Marketingというコンセプトに賛同し、それを推進する専門性の高い会社をグループ力でシナジーを生みLovable Marketingを推進し、日本のマーケティング業界を変えていきます。
ホームページURL:http://www.lmg.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エル・エム・ジー
エンゲージメントデザインチーム 広報・PR担当 増子ひとみ
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
Tel:03-6264-0837 E-mail:h.mashiko@lmg.co.jp