株式会社ラバブルマーケティンググループ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 雅之)のグループ企業である株式会社24-7(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 雅之、以下:24-7(トゥエンティーフォーセブン))は、株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:Salesforce)とデロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 佐瀬真人、以下:デロイト トーマツ)が共同で実施する無償のIT未経験者向けDX人材育成プログラム「Pathfinder(パスファインダー)」の賛同パートナーになりました。当プログラムの賛同パートナーになることで、24-7はプログラムを卒業された方のDX人材としての雇用や育成に取り組みます。

「Pathfinder(パスファインダー)」とは

DX人材育成プログラム「Pathfinder」は、2018年に米国Salesforceと米国デロイトが共同で始めたプログラムで、「Salesforceエコノミー」でキャリアを積むために必要な技術およびビジネススキルを身につけた人材を育成することを目的としています。日本版は昨年から開始しており、100名が受講し49名が「Salesforce認定アドミニストレータ資格」を取得しています。今年は、昨年の10倍となる1,000名の受講者を2期にわたり募集する予定で、前期の募集が5月16日(月)からスタートしています(※1)。なお24-7が「Pathfinder」に賛同パートナーとして参画するのは、今回が初めてとなります。

「Pathfinder」についての詳細や募集要項はこちらでご確認いただけます。
「Pathfinder」について
募集要項

24-7は賛同パートナーになることで事業の成長及び企業・団体のDX推進に貢献することを目指します

24-7は、クライアントに対し、MA(マーケティングオートメーション)・SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)の3つのクラウドサービスを用いて、クライアントの経営課題に沿った戦略策定やプロセスの設計、最適なテクノロジーの選定、運用サポートまでワンストップで支援する、DX支援事業を行っています。また、当社はSalesforceを用いた支援事業も行っているため、「Salesforce認定アドミニストレータ資格」を取得しているDX人材を増やすことは、当社の業容拡大の契機となると捉えております。

24-7が属する株式会社ラバブルマーケティンググループは、当社が提供するDX支援を「育成事業」として、高い成長性を期待する分野として位置づけており、その中でも特に、Salesforceの提案領域を拡大させることを目指しております。当プログラムの賛同パートナーになることで、DX人材の確保、及びクライアントへのDX支援の質を高め、当社、さらにはグループ全体の成長を図ってまいります。

市場の変化や働き方の変革等に伴い各企業・団体がDX推進に取り組んでおり、DX人材の需要が高まっています。また、Salesforceによると、昨年は特に出産・育児を経た女性のプログラム修了率が高く(※2)、新たなキャリアを開発したいと願う女性など、様々なIT未経験者のキャリアを支援する無償プログラムとなっています。企業のDX支援を行う24-7として、さらに「持続可能な社会の実現」に向けた取り組みにも力を入れるラバブルマーケティンググループとしても、「Pathfinder」の賛同パートナーになりDX人材の雇用や育成に携わることで、雇用創出さらには日本の企業や団体のDX推進に貢献することを目指します。

※1 後期の募集等今後の予定については、Salesforceの当プログラム特設サイト上で発表されます。
※2 Salesforce発表のプレスリリース
「セールスフォース・ジャパンとデロイト トーマツ DX人材育成プログラム「Pathfinder」の募集規模を10倍の1000名に拡大し、本日申込開始」参照

株式会社24-7について

リード獲得から顧客化まで、企業のマーケティングを一貫してサポートするエージェンシーです。マーケティングオートメーション(MA)ツールやSFA、CRMの3つのクラウドツールを用いて、顧客の経営課題に沿った戦略策定やプロセスの設計、最適なテクノロジーの選定、運用サポートまでをワンストップで支援しています。
URL:https://www.24-7.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ラバブルマーケティンググループ 広報PR担当
電話:03-4567-6399 Mail: press@lmg.co.jp